top of page

インビザラインの費用(値段)相場はいくら?内訳や保険適用されるかを解説

インビザラインは美しい歯並びを手に入れる方法として、近年注目されています。そこで本記事ではインビザラインの費用相場について詳しく解説し、治療にかかる具体的な費用や保険適用が可能かについて紹介します。

目次


インビザラインの費用(値段)相場

インビザラインの治療費は大人と子ども、全体矯正と部分矯正かで変化します。以下ではそれぞれのケースにおけるインビザライン矯正の費用相場や、治療期間について紹介します。

大人の全体矯正の場合

インビザラインで大人の全体矯正をする場合、80万円から120万円の費用がかかります。全体矯正とは、前歯だけでなく奥歯を含めたすべての歯の矯正を行うことです。噛み合わせの歪み

がひどい場合は、全体矯正がおすすめです。全体矯正の費用は、治療費だけで80万円から100万円はかかります。また治療費に加えてマウスピースの調整料がかかる場合は、毎月5,000円程度費用が上乗せされます。初期費用や治療費が安くても毎回の調整料がかかると、トータルで費用がかさむこともあります。そのため、治療を受ける前に費用についてしっかりと確認しておきましょう。

全体矯正では治療ですべての歯を動かすため、お金だけでなく時間もかかります。大人の全体矯正の治療期間は一般的に、2年から3年かかるといわれています。インビザライン矯正では、患者さんの負担を小さくするために大きく歯を動かすことはありません。その分、とくに全体矯正の治療には時間がかかることがあります。

当法人ではブラケット矯正とインビザラインを併用した矯正治療も行っております。それぞれのメリットを最大限に生かした治療もご提案しております。

大人の部分矯正の場合

インビザラインで大人の部分矯正をする場合は、治療に30万円から40万円程度かかります。部分矯正とは、上下左右の前歯3本ずつの計12本を対象として矯正治療を行うことです。全体矯正よりも矯正範囲が狭いため、その分治療費も安く抑えられます。

また治療期間についても、部分矯正なら全体矯正よりも短く済みます。部分矯正の治療期間は、半年から1年未満で完了します。歯並びやかみ合わせの歪みが軽度で、奥歯までの矯正が必要ない場合は部分矯正がおすすめです。

小児の矯正の場合

インビザラインで小児の矯正を行う場合は、40万円から120万円の費用がかかります。インビザラインでの小児矯正は、大きく2つの段階に分かれています。

1つめは歯の生え変わりの時期に行う治療で、前歯の凸凹の矯正、歯列の拡大、顎の成長のコントロールなどを行います。2つめは永久歯が生え揃ってから行う治療で、ねじれて生えた歯や出っ張っている歯の矯正を行います。

どちらも費用は40万円から60万円ほどかかります。また小児矯正は顎の成長を利用するため、比較的時間をかけずに治療が完了します。

インビザラインの一般的な費用の内訳

インビザライン矯正にはいくつかの段階があり、それぞれでかかる費用が異なります。ここではインビザライン治療の流れや、それぞれでかかる費用について解説します。

カウンセリング料

カウンセリング料は無料である場合や、1万円前後かかる場合があります。インビザライン矯正ではまず、カウンセリングを行います。インビザラインについての説明や矯正をしようと思ったきっかけ、患者様のご要望や疑問点、不安点などをヒアリングします。初回のカウンセリングは、無料で行っている歯科医院もあります。

精密検査・診断費用

精密検査・診断費用には、1万円から5万円程度かかります。カウンセリングをしたあとは、精密検査の結果をもとに診断を行います。レントゲンで歯の状態をみて、虫歯がないか、インビザライン治療が可能であるかを判断します。また専用機器で歯型をスキャンして、どのように歯を動かして矯正するかのシミュレーションを行う場合もあります。

マウスピース費用

マウスピースの費用としては、40万円から100万円前後かかります。マウスピースを作る際は、3Dスキャン技術を活用して歯型を取ります。従来のワイヤー矯正のようにゴムのような素材を口の中に入れる必要がなく、簡単にマウスピースを作成できます。

調整費用

インビザライン矯正では、1週間から2週間おきにマウスピースを調整する必要があります。調整には、1回3千円から1万円程度の費用がかかります。インビザラインは痛みを軽減するために少しずつ歯を動かします。そのため定期的にマウスピースの調整が必要です。歯科医院には、調整費用は無料にしている場合もあります。

保定期間にかかる費用

保定期間にかかる費用は、1回あたり3千円前後が相場となっています。インビザライン治療には、矯正期間と保定期間があります。矯正期間は歯を動かす期間、保定期間は動かした歯を固定するための期間です。保定期間は保定装置(リテーナー)をつけて過ごし、3か月から4か月に1度の頻度で診察を受けます。

その他の費用

その他の費用としては、虫歯の治療や親知らずの抜歯などがあります。治療には、1本あたり1万円程度かかります。インビザラインを始める際は検査をします。検査で虫歯が見つかったり親知らずの抜歯が必要になったりした場合は、先にそちらの治療を行います。

インビザラインは保険適用にされる?

インビザライン矯正は、保険適用外の治療です。そのため治療にかかる費用は、全額自費負担する必要があります。しかし例外もあり、咀嚼機能に問題がある場合や、顎変形症である場合は保険が適用されることもあります。

ただし医療費控除は受けられる

インビザラインは基本的に保険適用外ですが、治療費を抑える方法はあります。それは医療費控除を利用することです。医療費控除とは、1年間の医療費が100万円以上の場合に税金還付を受けられる制度のことです。インビザライン治療が医療費控除の対象になるかどうかは、一度医師に確認が必要です。

一括支払いが難しい場合はデンタルローンの利用ができる

インビザラインの治療費が高く一括での支払いが難しい場合は、デンタルローンの利用を検討しましょう。デンタルローンとは、借入金の使用目的が歯科治療に限定されているローンのことです。契約者に請求される歯科治療費を信販会社が代わりに立替え、その後に契約者が元本と利息を分割払いで返済します。

まとめ

本記事ではインビザラインの治療にかかる費用や、保険適用が可能かについて紹介しました。インビザラインの費用は大人の全体矯正なら70万円から120万円、大人の部分矯正なら30万円から40万円、子どもの矯正なら40万円から120万円かかります。

またインビザライン矯正は保険適用外のため、全額自費負担です。しかし咀嚼機能に問題がある場合や、顎変形症である場合は保険が適用されます。また保険が適用されない場合も、医療費控除を受けたりデンタルローンを利用したりすることで、治療費を安く抑えられます。

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

インビザライン矯正は失敗する?失敗させないためのポイントを紹介

インビザライン矯正はその手軽さから多くの人に支持されていますが、治療を成功させるためにはいくつかのポイントがあります。本記事ではインビザライン矯正が失敗するケースや、失敗を防ぐためのポイントを紹介します。 目次 インビザライン矯正の失敗例を紹介 【ケース1】歯茎が下がった・歯根が露出した 【ケース2】シミュレーション通りの結果にならなかった 【ケース3】歯並びの悪さが悪化した 【ケース4】噛み合わ

インビザラインのメリット・デメリットは?クリニックの選び方も紹介

インビザラインは、近年注目されている新しい矯正方法です。本記事ではインビザラインのメリットやデメリットについて詳しく掘り下げ、クリニックを選ぶ際のポイントも紹介します。 目次 インビザラインのデメリット 装着管理を自分で行う必要がある 口腔内の状況や歯並びによっては治療できない場合がある 長時間の装着が必要になる インビザラインのメリット 従来のワイヤー矯正に比べて気づかれにくい 金属アレルギーの

インビザラインの治療期間の目安を紹介!治療が伸びる原因や伸ばさないポイントを解説

インビザラインは透明なマウスピースを使用し、歯の矯正を行う方法です。この記事では、インビザラインの一般的な治療期間や治療が延びてしまう原因、治療期間を短縮するために注意すべきポイントなどを掘り下げます。 目次 インビザラインの治療期間の目安は? 全体矯正の場合 部分矯正の場合 インビザラインの治療期間が長い理由 インビザラインの治療期間が伸びる原因 【原因1】装着時間を守っていない 【原因2】定期

Comments


bottom of page